私は中国で働いています。中国には現在、多くの日系企業があります。

 

中国は早くから日系企業が進出しており、また日本の古くから文化や習慣が中国から入ってきたため、中国は日本人にとって親しみやすい国だと思いますが、実際には全く別の国であことがわかります。

 

中国人は性格も文化も日本人とは全く違いますので、日本人同士と同じ様に仕事をすると、必ず痛い目に遭います。

 

例えば、多くの中国で働く日本人が悩まされるのが、「納期」です。日本人にとって、納期は絶対厳守の過ぎてははらないものですが、中国人にとっては単なる目標程度のものです。そのため、中国人が納期に遅れることは日常茶飯事です。

 

しかし、顧客が日本の企業の場合、納期は絶対ですので納期に遅れてしまうと、クレームなど色々と厄介なことが起こります。社内のスタッフは教育したり管理すれば、ある程度納期は守れるようになりますが、ベンダーが中国のローカル企業の場合、教育も管理もできませんので、納期を調整するのは非常に大変です。中国の工場や商社などで働くと、この納期に悩まされます。

 

海外で働くことは、成長するチャンスがたくさんありますが、日本と同じ感覚で働くと、日本ではあり得ない苦労をします。苦労を楽しめる心の持ち方が、海外で働くのに最も必要なものかもしれませんね。