私はフィリピンのセブ島で働いています。

 

文化も気候も違うフィリピンで働くことはとても大変です。

 

言葉もそこまで話せないため、意思疎通がうまくできないときも多々あり、また日本での当たり前が通じず、仕事を始めた当初は相当なストレスに悩まされました。

 

南国で気候が暖かいせいか、フィリピン人の多くは時間にとてもルーズです。働き始めたころ、会社のフィリピン人スタッフはほぼ毎日遅刻をしていました。何十回と「時間通りに出勤して」と言っても、また遅刻。合計100回以上は同じことを言ったと思います。半年が過ぎた頃からようやく遅刻の回数が減りました。

 

日本のように交通機関には時刻表がないため、仕事の移動も大変です。時間が読めないため待ち合わせ時間よりかなり早めに出ないと遅れてしまうかも、と思い毎回ドキドキでした。

 

海外で働くことはマイナスなことばかりではなく、私はもともとネガティブな方で、フィリピン人はみなとてもポジティブなため、彼らと一緒にいると笑顔が絶えません。一緒に出かけたりして、楽しい思い出もたくさん出来ました。また日本では決して経験することのできない事がたくさんあります。日本と比べたら不便なことも多いですが、違う文化の人々と触れ合い、自分自身の視野がかなり広くなりました。

 

私はフィリピンで働くことができて良かったと思っています。