海外で仕事をしたい日本人の就活の流れ

まず、海外で仕事をするためにはその国が定める就労ビザの条件をクリアする必要があります。

 

 

ビザの条件をクリアしていますか?


一般的にどの国でも外国人の労働者を制限するために就労ビザで条件が厳しく設定されています。(緩い国もありますが)

 

自分の国の労働者を守るためでもあります。

 

例えば日本だったら外国人労働者が増えれば、日本人の就労機会が減ってしまいますよね。これでは自国が困ってしまうわけです。

 

ですので、多くの国では外国人労働者に対して次のような条件があります。

 

  • 大卒以上
  • 特定の専門知識保有者
  • 数年間の同一職種での仕事の経歴があること
  • 自国の人材が出来ない仕事であること

 

となる事が多いです。

 

日本で3年間の就労経験があればおおむね問題ありません

 

すでに社会人経験3年程度(めやす)のキャリアがあれば、さっそく転職活動をスタートすればOKです。

 

そうでない場合(条件を満たしていない場合)、日本人が海外で仕事をするためには次の3パターンを検討する必要があります。

 

1.日本国内で3年間の同一職種の就労経験をつむこと
2.若い人材であれば、海外へ留学してから就職活動をする
3.日本人で日本語が使えれば未経験OKという仕事を探す

 

 

 

海外の仕事に日本人が携わるための転職活動スタート


まずは求人情報をリサーチする必要があります。海外の求人誌を集めたり、という事はナンセンスです。

 

ネットの人材紹介会社に登録して企業や求人の情報を得るようにしましょう

 

一般的には無料で登録し、自分の希望を伝えれば希望にマッチする海外の仕事を紹介してもらえるというものです。

 

必ずしも紹介してもらった仕事にエントリーしなくてはいけない決まりはありません。

 

自分1人で仕事探しをするのは大変です。気に入った仕事が見つかるまで繰り返し紹介してもらえますので、早めに登録しておいてOKでしょう。

 

 

海外の仕事を専門に扱う、人材紹介会社

 

いくつかの海外向けの人材紹介会社を紹介していきます。参考にしてみてください。

 

 

|Recruit Agent

リクルートエージェントを使えば日本国内にいながら転職活動をすることができる!

 

グローバル日系企業や外資系など幅広い海外での活躍の場を探すことができる!

 

全ての業種、職種に強みあり!求人数も最も豊富なので提案できる企業が非常に多い

 

まずはコチラに登録しておきましょう。

 

 

 

 

|JAC Recruitment

アジア圏を中心に海外での仕事を提案してもらえます!

 

現地法人の求人も扱っていて、駐在員希望か現地採用希望か選択できる。

 

現地採用の場合は渡航して就職活動など大変な部分もあります。

 

その辺の情報もあわせて提供してもらいましょう!

 

 

 

 

 

|Pasona USA

パソナは日本の企業ですがUSAにも展開しています。日本人むけのサイトなので使いにくい事はありません。

 

主に北米での仕事を探している方におすすめなのがパソナですね。

 

ただ非正規の雇用が多めですので、正社員登用希望ならそのむね伝えることです。

 

 

 

 

日本人の需要がある海外の仕事って?


日本人が海外にいくと太刀打ちできない場合も多いです。

 

まずビジネスの場での英語力が1つの壁になります。次に自己主張力も立ちはだかります。

 

それから海外での生活という事になるので様々な問題が出てくる可能性がありメンタルと体力面での強さ、情熱がないと厳しいでしょう。

 

そんな中で、比較的日本人が就きやすい仕事というのもあります。

 

→アジアの新興国での、技術者、営業職、IT系

 

このような仕事は比較的入手しやすいです。語学力や経験が問われない場合もあります。

 

もちろん英語が出来て、すでに同一職種でのキャリアがある人材であれば是非採用したいという企業がほとんどですが。

 

→北米はどうなのか?

 

アメリカはけっこう厳しいです。日本の外資系企業をイメージしてもらえればその通りです。

 

実績が出なければクビになる事は当たり前です。自分の実力を試したい、野心がある方にはオススメです。

 

 

日本人だからこそ雇用したいという仕事があることも事実です

 

キャリアもスキルもいまいち、という方でも海外で日本人むけの仕事はあります。

 

まず日系企業で海外に展開しているところでは、日本人を採用したいという企業は勿論多く、毎年一定数どの業種でも見つかる可能性高いです。

 

それから日本語を必要とする仕事、日本人的な商売の振る舞いが必要となる仕事もです。

 

例えば海外の企業だけど取引先が日系企業であるとか、現地在住の日本人向けのサービスを提供しているとか。そういったところでは上記のような日本人であればOKという求人も見られるわけです。

 

最近は現地の人が日本語を習得してそのポジションに就くケースも増えていますので競争ではあります。

 

希望する求人を見つけた後の流れ

人材紹介会社によって様々な海外の仕事を紹介してもらえるでしょう。

 

その中から自分が希望する企業が見つかれば、書類(エントリー)を行っていきます。ここは一般的な転職と同じような流れでしょう。

 

書類が通れば面接となります。 書類も面接も人材紹介会社のほうで色々と支援してくれます。過去にどんな質問があったか、などは助かるはずです。

 

現地採用の仕事の場合は、その企業その国へ渡航して面接する必要が出てくる場合もありますので、この点はよくヒアリングして情報を得ておくと良いです。

 

日系企業採用の場合は国内で面接するところが多いと思います。面接がとおれば条件等の交渉を行い、採用、入社となります。就労ビザの問題もほとんどないはずです。

 

現地採用の場合は渡航した先で就職、就労ビザの申請が必要になってきます。就労ビザが出るまでは海外で働いてはいけません多くの国で違法となっています。